ネタバレ

絵本「みにくいマルコ」の無料公開はある?発売日や値段はいくら?あらすじのネタバレや女の子の名前を紹介します!

映画『えんとつ町のプペル』が大ヒット上映中です。

製作総指揮を努めたキングコングの西野亮廣さんは、「ディズニーを超える」と豪語しています。
アカデミー賞の優秀作品賞も受賞しました。
次の映画や絵本、エンターテイメントで世界を獲るために日々頑張っています。

そして、絵本の次回作が、『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』という作品です。
これは3年後の「えんとつ町」の話なんだそうです。
煙は晴れて、青空や星空が輝く世界に生まれ変わった「えんとつ町」が、どのような変化をしたのか、めちゃくちゃ気になります。

今回は、
絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の疑問にお答えします!
・無料公開はある?

・発売日はいつ?
・値段はいくら?
・あらすじをネタバレします!
・女の子の名前は?

この内容について紹介します!

みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~

主人公マルコ(左)、ヒロインのララ(右)

>>>サイン本屋さんで『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』の購入はこちら!
値段:2500円(サイン入り・送料込み)
発売予定日:2021年5月24日から順次発送

>>>Amazonで『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』の購入はこちら!
値段:2200円(送料込み)
発売予定日:2021年5月31日に出版予定

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の無料公開はある?

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の無料公開はあると思います。

西野さんの絵本は、著作権がほぼフリーなので、発売後すぐにYou Tubeで読み聞かせ動画が出るはずです。
ブログやSNSでも画像やストーリーの感想やネタバレが、ネット上で発信されると思います。

西野さんの公式ブログやインスタグラム、You Tubeでも無料公開はあると思います。
ただ、西野さんは本屋さんの応援や出版社の幻冬舎さんへ感謝も忘れません。

絵本がベストセラーになることを前提に無料公開をすると思いました。

※追記1
2021年3月6日のサロン記事では、内緒のお話がありました
近々発表があると思います!

※追記2
2021年4月23日のサロン記事にこう書いてありました
まもなく発売する絵本『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』は、『えんとつ町のプペル』の打ち手を真っ向から否定して、「シェア」ではなく、また新たな「質問」であるべきだと考えています。(西野亮廣)

「質問」=「〇〇×絵本」という新たな広告戦略です。
この打ち手はめちゃくちゃ震えました。

ですので、絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の無料公開はない可能性が出てきました。

ぜひ「西野亮廣エンタメ研究」の記事を読んでご確認下さい。
▶オンライサロン「https://salon.jp/nishino」の入会はこちら

絵本の発売日はいつ?

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の発売日を紹介しています。

キンコン西野のサイン本屋さん』という公式オンライショップでは、
発送予定:2021年5月24日から順次発送』となっていました。(2021年4月時点)

Amazon.com』では、『出版予定:2021年5月31日』となっていました。(2021年4月時点)

ただ、私が知るかぎりですが、最初は2020年12月発売予定だったのが、2021年3月となり、そして5月末に変更になりました。
新型コロナウィルスの影響で、映画の撮影が思うように行かなくなり、絵本制作より映画製作の方へ優先的に時間が取られたのが原因でした。

ステキな作品になれば、遅れるのはOKです!

絵本の値段はいくら?

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の値段について紹介します。

公式オンライショップ『キンコン西野のサイン本屋さん』では、西野さんのサイン入りで2500円となっていました。

・絵本『えんとつ町のプペル』サイン入り2500円→定価2200円
・絵本『チックタック約束の時計台』サイン入り2500円→定価2200円

ということで、楽天やAmazonで購入する場合は、定価2200円になります。

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のあらすじをネタバレ!

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のあらすじをネタバレします!

 

キンコン西野のサイン本屋さん』の絵本の解説を紹介します。

絵本最新作『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』は、映画『えんとつ町のプペル』から3年後の「えんとつ町」の物語。

3年前に町が大きく変わり、職を失い、しぶしぶ見世物小屋「天才万博」で働くことになった醜いモンスター『マルコ』は、そこで一人の少女と出会い、決して許されない恋に落ちます。

映画『えんとつ町のプペル』で、ルビッチが煙を吹き飛ばしてから3年後の話です。
えんとつの煙が止まったことで、炭鉱夫だったマルコは仕事を失います。

「天才万博」という毎年年末に開催される音楽イベントが、絵本でも登場します。
マルコはその見世物小屋で働くことになりました。

映画『えんとつ町のプペル』には、人間しか登場しませんでしたが、絵本の世界では『喋る動物=モンスター』が登場します。
マルコはネズミのモンスターで、映画ではスコップが『マルコ』の名前を言うシーンがありました。

絵本『チックタック約束の時計台』や『ほんやのポンチョ』は動物がキャラクターの物語です。
西野さんの絵本の世界は全て繋がっているという話です。

えんとつ町の外の世界には、動物と人間が言葉を交わして一緒に暮らす町もあるのでしょうね。
(Dr.スランプアラレちゃんやドラゴンボールのような世界かな?)

そして、みにくいモンスターのマルコが、人間の女の子と恋をする物語は、どんなストーリーになるかとても楽しみです!

きっとハッピーエンドになるはずです。
どんなトキメキを与えてくれるのか、期待しておきましょう!

西野さんがブログで「あらすじ」を語ってくれました。
この絵本は「表現者」のお話なんです!
大好きな人に崖の上にある花をプレゼントするために、険しい崖を一途に登り続ける物語です。

西野さんのような作品を一途に作り続ける表現者は、マルコのように好きな人達を喜ばせるために、地道なことを黙々とやり続けることができる人なんだと思いました。

『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』は、『映画 えんとつ町のプペル』の3年後の「えんとつ町」が舞台です。
この「3年後」というのがミソで、(まだまだ映画公開中なので、ちょっとどこまで言っていいのか分からないのですが)「えんとつ町」って、長い長い間、煙で覆われた町なのですが、あるタイミングで、町を覆っていた煙が晴れるんです。
つまり、煙を吐いていた多くの煙突の稼働が止まるんです。

てことは、いくつかのお仕事が無くなるんですね。
たとえば「煙突掃除屋」さん。
煙突の稼働が止まれば、煙突が汚れることはありませんから、当然、煙突掃除の仕事は極端に減ります。
次に、煙を出さなくなるわけですから、煙を出す元となるエネルギーを採掘する仕事も無くなります。
その調子で仕事を失ったのが、今回の主人公の「マルコ」という一匹もモンスター。
彼が就いていたのは「地下でエネルギーを採掘する仕事」でした。

薄暗い地下で仕事をしていた時には隠せていたのですが、地上に出た時に隠せなくなったことがあって…それが彼の容姿です。
暗くて分からなかったのですが、マルコは、とっても醜い見た目をしていたんですね。
その見た目なので、マルコの再就職先は、なかなか見つからなかったのですが、「天才万博」という見世物小屋だけは、彼を面白がってくれます。

その見世物小屋で出会ったのがヒロインの「ララ」です。
醜いモンスターの「マルコ」は、「ララ」に想いをよせるのですが、ご覧の見た目ですし、これまで、まともに人と喋ったことがないので、上手く想いを伝えられない。

そのマルコの想いを代弁してくれるのが、今回の副題にもなっている「花」です。
さっき「3年後」がミソという話をさせていただきましたが、長い間、煙に覆われていた「えんとつ町」には、まだまだ草木が生えそろっていないんですね。

「花」なんて滅多にないもんですから、「花」の価値がメチャクチャ高いんです。

「花」は、えんとつ町を取り囲む4000メートルの岸壁の中腹に咲いていて、とてもじゃないですが、人間はそんな場所にいけません。が、マルコは、その大きな腕を使って、どうにかそこまで行くことができて、摘んできた「花」をプレゼントすることで想いを伝えるのですが……というのが今回の〝あらすじ〟です。

長くなりましたが、これ、表現者の話なんです。
表現者とは名ばかりで、表現を生業にしている人間って、一生懸命崖をよじ登って、そこに咲いている花を摘んでプレゼントすることでしか自分を表現できないんです。
人と接点を持てないんです。
自分の周りにも、その類の人間が何人かいるんですけれど、そういう彼らの話を描きたいなぁと思って、今回の作品に至ります。

引用:2021年3月5日「西野亮廣ブログ Powered by Ameba」より

 

▼3月31日の校正チェック会議より、ネタバレします。

絵本のクライマックスでは、マルコとララが離れ離れになってしまいます。
二人が別れて数日後、えんとつ町の夜空に黄色に輝く花が咲きます。

それを見たララがどんな感想をつぶやくのか、楽しみにしていましょう!


画像引用:川西市と池田市の「猪名川花火大会」より

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の女の子名前は?

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の女の子名前は「ララといいます!

西野さんがラオスに『School of pouplle』という学校を寄付したのですが、その場所が「ララ村」というそうです。
女の子の名前の「ララ」はラオスの「ララ村」から取ったのかもしれませんね。

私がどこで知ったかと言うと、映画えんとつ町のプペルの『副音声上映・第二段』で話してくれました。
さらに「ララ」のお父さんが、映画に出ていることも分かりました。(結構、驚きました!)
マルコの昔の職業や口が開かず喋れない理由など、絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の裏話もしています。

ぜひ映画えんとつ町のプペルの『副音声上映・第二段』を聞きに行ってみてください!!

まとめ

今回は、
絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』の疑問にお答えします!
・無料公開はある?

・発売日はいつ?
・値段はいくら?
・あらすじをネタバレします!
・女の子の名前は?

この内容について紹介しました!

発売予定にYou Tubeやブログで、無料公開はあると思います。
絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』が『えんとつ町のプペル』の3年後の話ということですが、映画の続編にはならないと思います。

トークショーや映画の副音声、You Tubeの生配信からの情報を聞いていると、映画『えんとつ町のプペル2』は、めちゃくちゃ壮大な物語になると想像しました!

絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』は、「えんとつ町」の中のストーリーです。
マルコと女の子の恋の物語が、どのような感動や幸せな気持ちにさせてくれるのか、今から楽しみです。

ぜひ絵本を手にとって、子供たちと読みたいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~

>>>サイン本屋さんで『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』の購入はこちら!
値段:2500円(サイン入り・送料込み)
発売予定日:2021年5月17日から順次発送

>>>Amazonで『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』の購入はこちら!
値段:2200円(送料込み)
発売予定日:2021年5月31日に出版予定

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣さんのオンラインサロンはこちら>>>西野亮廣エンタメ研究所
・映画えんとつ町のプペルの裏側(メイキング)
・マーケティング
などがたくさんの事が学べます!:月額980円(税込み)

西野亮廣さんの絵本購入はこちらから!
Dr.インクの星空キネマ
楽天で購入
2750円
Amazonで購入
2750円
サイン本屋さん
3000円
オルゴールワールド
楽天で購入
1760円
Amazonで購入
1760円
サイン本屋さん
2100円
Zip&Candy
楽天で購入
1650円
Amazonで購入
1650円
サイン本屋さん
2000円
えんとつ町のプペル
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円
ほんやのポンチョ
楽天で購入
1650円
Amazonで購入
1650円
サイン本屋さん
2000円
チックタック約束の時計台
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円
みにくいマルコ
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円

※リンク切れがないように検索画面へリンクされるようになっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です