映画えんとつ町のプペル

映画えんとつ町のプペルの韓国公開はいつから?国際映画祭の出品や海外上映された国はどこか紹介します!

今回は、
・映画えんとつ町のプペルの韓国公開はいつから?
・出品された国際映画祭はどこ?
・海外上映された国はどこ?
この内容について紹介します。

『映画えんとつ町のプペル』は台湾で公開され、2021年5月26日(水)からは韓国で公開されます! 

なんと世界40社以上から上映オファーがあり、世界中でプペル旋風が巻き起きます。

コロナ禍で上映待ちの映画館が多くあるので、これから海外上映が次々に始まります。

情報が公開されたらどんどん紹介します!!

①特大ニュース!!

昨年12月に公開され、興行収入24億円を超える大ヒットを記録し、第44回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞した『映画 えんとつ町のプペル』(西野亮廣製作総指揮・原作・脚本/廣田裕介監督)が、6月2日(水)~6月6日(日)に開催されるロッテルダム国際映画祭50周年記念祭にて、映画祭の顔とも言えるクロージング作品として正式招待されることが決定しました!

引用:https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/archives/157519

②特大ニュース!!

フランスで開催される世界最大のアニメーション映画祭『アヌシー国際アニメーション映画祭』の長編アニメーション部門にノミネートされました!!

アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年にカンヌ国際映画祭のアニメーション部門が独立したのが始まりです。
映画祭開催日程2021年6月14日~19日で、今年は95ヶ国から2892作品の応募があり、そのうち219作品がオフィシャルセレクション選出されました。
そして今回ノミネートされた長編アニメは世界でわずか11本。「映画えんとつ町のプペル」は、その中の1本に選ばれたのです!!

西野亮廣Instagramより(5月21日)
https://www.instagram.com/p/CPHDGnDgr0e/?utm_medium=twitter

ヤフーニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/eec0699814614cb6c0c26b51f1e5bc8f7e6ac46d

③特大ニュース!!

「映画 えんとつ町のプペル」が第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門への出品が決定されました!!

上海国際映画祭は、中国で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、かつアジア最大級の規模を誇る映画祭でもあります。24回目を迎える今年は、6月11日~6月20日の期間で開催されます。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000898.000029501.html

映画えんとつ町のプペルの韓国公開はいつから?

2021年5月26日から『映画えんとつ町のプペル』が韓国で公開されます。

韓国語では「えんとつ町のプペル」=「굴뚝마을의푸펠」こう書くようです!

▼韓国版「えんとつ町のプペル」主題歌の歌手はMr. イムジン!

 

韓国の映画会社「メディアキャッスル」のディレクターから熱烈なオファーがありました。

カン・サンウク(メディアキャッスル ディレクター)コメント
「映画 えんとつ町のプペル」の公開、まことにおめでとうございます! 約3年前に原作者の西野さんが絵本のプロモーションで韓国にいらっしゃったときからずっと関心を持っていた作品でしたので、この作品がアニメーション映画で公開されるというニュースを知ってから、ぜひ自分たちで配給できればと願っておりました。今回は運よく韓国配給を担当させていただくことになり、本当にうれしく思います。韓国は日本と多くの面で似ていながら違う点もたくさんある市場だと思います。それを踏まえて、これまで弊社が公開してきました日本のアニメ、実写映画の豊富な経験から韓国でもプペルの魅力を最大限に引き出し、興行面でもよい結果を残せるようにがんばりたいと思います。韓国も今年はコロナウィルスの影響で劇場の売り上げが前年比‐80%を記録するなど、依然厳しい状況が続いております。このような状況ではありますが、この作品が持つポジティブなメッセージ通り、希望を持ってよりたくさんの人たちに観てもらえるように最善を尽くします。ありがとうございます。

https://natalie.mu/eiga/news/410949

プペルが国際映画祭の出品や海外上映された国はどこ?

映画「えんとつ町のプペル」は、北米・ヨーロッパ・アジア・中東など各国の配給会社40社以上から問い合わせがあるのです。

世界各国の国際映画祭にも選出されています。
いよいよ西野さんの世界戦が始まりました!

エンターテインメントで「世界を獲る」という言葉通り、確実に世界に向けて走り出しています!!

2021年4月1日:台湾にて公開!

台湾では、2021年4月1日から台湾全土で「映画えんとつ町のプペル」が上映されました!

中国語で「えんとつ町のプペル」=「煙囪小鎮的普佩」と書くんですね。

 

舞台挨拶では、700人以上の台湾のプペルファンが集まりました。

西野は撮影の舞台挨拶で、撮影で台湾に行った時に気に入った九份の街並みや雰囲気の魅力を語り、廣田監督は10年前の東日本大震災に寄せてくれた台湾の支援についての感謝を伝え、声優を務めた窪田正孝、芦田愛菜もビデオメッセージを送り、700人以上を収容する会場は大きな盛り上がりを見せました。

https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/archives/147684

 

台湾でも素晴らしい興行収入を記録しています。
世界にプペルの感動が広がる第一歩目が台湾です。

台湾では公開初週の週末に1200万円(325万台湾ドル)以上の興行収入を記録し、順調なスタートを切っている。特に、Studio 4ºCのアニメは台湾でも人気とあって、その美しい絵と感動的なストーリーは台湾でも話題になっている。

Yahoo映画(台湾)でも、好意的な口コミが次々と書き込まれ、現時点で映画の評価も4.2ポイント、95%の人が“見たい!”との評価になっている。口コミでは「本当に素敵な映画に出会えた。見終わってから映画館を出たくない気分になった」、「大人から子供まで楽しめる。オリジナル字幕版もいいし、中国語吹き替え版どちらもすばらしい」、「絵もきれいですばらしく、映画館の大画面で見るべきだと思った。ストーリーも感動的で、大人の鑑賞にも耐える作品」、「絶対に泣いちゃうから、ティッシュを忘れずに!」と、次々と好意的なコメントが書き込まれている。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/searchina/world/searchina-1698520

2021年6月6日:オランダ「ロッテルダム国際映画祭50周年記念祭」

なんと、「映画えんとつ町のプペル」がオランダで開催される「ロッテルダム国際映画祭50周年記念祭(6月2日~6月6日)」で、クロージング作品(=大トリ)として正式招待されることになりました。

ロッテルダム国際映画祭は、ヨーロッパでの映画祭として歴史が古く、新しい才能の発掘に力を入れています。そして、世界三大映画祭(カンヌ・ベルリン・ヴェネツィア国際映画祭)に次ぐ、大きな映画祭なんです。

アニメーション映画がクロージング作品を飾ることは珍しく、「映画えんとつ町のプペル」がヨーロッパでも注目を浴びているのが分かります!

第50回ロッテルダム国際映画祭の上映概要
全日程 6月2日(水)~6月6日(日)
えんとつ町のプペル
開催日程
現地時間 6月6日(日)19:00
日本時間 6月7日(月)2:00
西野亮廣のコメント この度は、このような大きな映画祭のクロージング作品に選んでいただいたことを、とても光栄に思うと同時に、厳しい環境の中、一緒に走ってくださったスタッフの皆様や、映画を届けてくださった劇場関係者の皆様、そして応援してくださったファンの皆様のお陰だと思っています。
本当にありがとうございました。
ロッテルダム国際映画祭が、コロナで沈んだ人々の希望となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
廣田裕介監督のコメント 世界的に名誉ある映画祭の、しかも50回目という記念すべき年のプログラムに、映画祭の締めくくりとも言えますクロージング上映作品としてご招待いただき、大変光栄に思います。映画祭関係者の皆様に、只々感謝いたします。
そして、スタッフ・キャストの皆様、おめでとうございます。
現地に行けないことは残念ではありますが、作品は海を渡ってどこまでも飛んでいけることがあらためて頼もしく感じました。このような時だからこそ、この映画が一人でも多くの方の力になってほしいと願っています。
日本人監督の招待作品 ・黒澤清監督「CURE(97)」第27回ロッテルダム映画祭正式出品
・河瀬直美監督「萌の朱雀(97)」第26回ロッテルダム国際映画祭 国際批評家連盟賞
・三池崇史監督「オーディション(00)」第29回ロッテルダム国際映画祭 国際批評家連盟賞・オランダジャーナリズム連盟

2021年6月14日~19日:フランス「アヌシー国際アニメーション映画祭 2021」

「ロッテルダム国際映画祭」に続いて、世界最大規模のアニメーション映画祭『アヌシー国際アニメーション映画祭 2021』に選出されました。

アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年にカンヌ国際映画祭のアニメーション部門が独立して始まりです。
毎年国内外の約200作品が上映される世界最大規模のアニメーション映画祭として、近年は世界のアニメファンから注目されています。

2021年6月14日~19日が映画祭開催日程で、今年は95ヶ国から2892作品の応募があり、そのうち219作品がオフィシャルセレクションに「映画えんとつ町のプペル」は選ばれました。
その中で、長編映画コンペティション部門「L’officielle」に選出され、今回ノミネートされた長編アニメは世界で11本なのです。
新人監督の世界的に無名といえる処女作の「映画えんとつ町のプペル」が「L’officielle」 に選出されるのは、“快挙”なんです!!

ぜひとも『アヌシー国際アニメーション映画祭 2021』のグランプリを獲得してほしいです。

「アヌシー国際アニメーション映画祭 2021」の概要
全日程 2021年6月14日(月)~19日(土)
えんとつ町のプペル
開催日程
未定
西野亮廣のコメント 朝から晩まで黒い煙に覆われている『えんとつ町』で、それでも星を探している挑戦者たちの物語が、このタイミングで世界から選ばれました。きっと、この作品は『役目』を与えられたのだと思います。これからもエンターテイメントを通じて、明るい話題と希望とエールを届けていきたいと思います。
廣田裕介監督のコメント アヌシー国際アニメーション映画祭は、アニメーションに携わる者にとってはまさに憧れの場であります。そのような大変な歴史ある大きな映画祭で、この作品を選出いただき、とても光栄に思います。スタッフ、キャストの皆様、応援してくださっている皆様にも、この場を借りてあらためて感謝いたします。先の見えないこのようなときだからこそ、世界中の方に見ていただき、感じて、楽しんでいただけることが重要だと思います。現地に足を運べないのは残念ではありますが、これからのアニメーションの発展とともに、映画祭の成功をお祈りしています。
日本アニメの選出作品 【長編コンペ部門ノミネート作品】
2020年度『ルパン三世 THE FIRST』『ぼくらの7日間戦争』
2019年度『きみと、波にのれたら』『あした世界が終わるとしても』『バースデー・ワンダーランド』
2018年度『未来のミライ』『若おかみは小学生!』
2017年度『映画 聲の形』『この世界の片隅に』『夜明け告げるルーのうた』(グランプリ受賞)
2016年度 入選なし
2015年度『百日紅』『花とアリス殺人事件』
2014年度『ジョバンニの島』
2013年度『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』
2012年度『アシュラ』『星を追う子ども』
2011年度『カラフル』『チベット犬物語』(日中合作)
2010年度『ワンピースフィルム ストロングワールド』『サマーウォーズ』

2021年6月11日~6月20日:中国「上海国際映画祭」

上海国際映画祭は、中国で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、かつアジア最大級の規模を誇る映画祭でもあります。

上海国際映画祭の日程は2021年6月11日~6月20日が上海国際映画祭日程です。
ロッテルダム国際映画祭とアヌシー国際アニメーション映画祭に続いて招待され、台湾と韓国の上映も決まり、映画「えんとつ町のプペル」はアジアでも大注目です!

「上海国際映画祭」の概要
全日程 2021年6月11日(金)~20日(日)
えんとつ町のプペル
開催日程
未定
西野亮廣のコメント このような大きな舞台に呼んで頂きましたこと、とても栄誉のあることと感動しています。
今はただ、スタッフやファンの皆様とともにこの喜びを分かち合いたいです。
廣田裕介監督のコメント このアニメーション映画が、上海国際映画祭で上映していただけることを、大変光栄に思います。
このような時期で現地に足を運ぶことができなくても、作品が着実に世界を渡り広まっていってくれることが、本当に嬉しく思います。
この幸運をきっかけに、より多くのアジアの皆さんにも見ていただけることを強く願うとともに、上海国際映画祭の成功をお祈りしております。
日本人監督の招待作品 第6回(2002年)岩井俊二監督作品「リリイ・シュシュのすべて」 コンペティション部門:審査員特別賞、最優秀音楽賞
第7回(2004年)篠崎誠監督作品「犬と歩けば チロリとタムラ」 アジア新人映画部門:最優秀作品賞受賞
第8回(2005年)三原光尋監督作品「村の写真集」 コンペティション部門:最優秀作品賞(金爵賞)、最優秀男優賞(藤竜也)
第10回(2007年)山田洋次監督作品「武士の一分」 コンペティション部門:最優秀音楽賞(冨田勲)
第14回(2011年)小林聖太郎監督監督作品「毎日かあさん」 アジア新人映画部門:最優秀作品賞
第14回(2011年)橋本直樹監督作品「臍帯(英題:Birthright)」 アジア新人映画部門:審査員特別賞
第19回(2016年)阪本順治監督作品「団地」 コンペティション部門:最優秀女優賞(藤山直美)
第21回(2018年)岡田麿里監督作品「さよならの朝に約束の花をかざろう」 コンペティション部門:アニメーション最優秀作品賞(金爵奨)
第21回(2018年)清原惟監督作品「わたしたちの家」 アジア新人映画部門:最優秀監督賞
第22回(2019年)湯浅政明監督作品「きみと、波にのれたら」 コンペティション部門:アニメーション最優秀作品賞(金爵奨)

まとめ

今回は、
・映画えんとつ町のプペルの韓国公開はいつから?
・出品された国際映画祭はどこ?
・海外上映された国はどこ?
この内容について紹介しました。

台湾・韓国と海外上映が続きます。

「映画えんとつ町のプペル」が世界中に広がるのを全力で応援しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣さんのオンラインサロンはこちら>>>西野亮廣エンタメ研究所
・映画えんとつ町のプペルの裏側(メイキング)
・マーケティング
などがたくさんの事が学べます!:月額980円(税込み)

西野亮廣さんの絵本購入はこちらから!
Dr.インクの星空キネマ
楽天で購入
2750円
Amazonで購入
2750円
サイン本屋さん
3000円
オルゴールワールド
楽天で購入
1760円
Amazonで購入
1760円
サイン本屋さん
2100円
Zip&Candy
楽天で購入
1650円
Amazonで購入
1650円
サイン本屋さん
2000円
えんとつ町のプペル
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円
ほんやのポンチョ
楽天で購入
1650円
Amazonで購入
1650円
サイン本屋さん
2000円
チックタック約束の時計台
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円
みにくいマルコ
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円

※リンク切れがないように検索画面へリンクされるようになっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です