イベント

歌舞伎『プペル 天明の護美人間』の上演日や劇場はどこ?チケットの値段や購入方法は?凄い出演者を紹介します!

 

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』が豪華キャストで上演されます!

2022年1月に東京・新橋演舞場にて上演予定です。

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のチケットは
歌舞伎公式総合サイト「▶歌舞伎美人」より
2021年11月25日(木)から販売予定です。

 

「絵本えんとつ町のプペル」原作者の西野亮廣さんが、歌舞伎用に新たな脚本を手掛けました。

「映画えんとつ町のプペル」を親子で観に行って感動した歌舞伎役者の市川海老蔵さんが、西野さんへオファー出したんだとか。

物語の舞台は江戸の町です。
「▶天明の大飢饉」の時代に浅間山の大噴火で空は煙で覆われました。
その時代背景を元に親子の絆の物語が始まります。

主役のプペル役は市川海老蔵さんが演じ、子供役の玄(げん)役は、長女の市川ぼたんサンと長男の堀越勸玄さんが共演します。

「えんとつ町のプペル」は親子の物語です。
歌舞伎一家の市川家と重なる部分に西野さんも脚本を書きながら涙を流したそうです。

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』は絶対に素晴らしい物語になるでしょう。
ぜひ観に行きたいです!

【イベント概要】
場所 新橋演舞場
日程 2022年1月~
チケット 歌舞伎公式総合サイト「▶歌舞伎美人」より、2021年11月25日(木)から販売予定
・SS席30,000円
・S1席(2階最前列)20,000円
・S席14,000円
・A席11,000円
・B席6,000円
・C席3,000円
出演者 ・プペル役&父親の熊八役:市川海老蔵
・玄役(絵本ではルビッチ):市川ぼたんと堀越勸玄が交互出演

歌舞伎『プペル 天明の護美人間』の上演日はいつ?

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』は、2022年1月の上演予定です。

2021年3月11日の「▶オンライサロン西野亮廣エンタメ研究所」の記事で、『えんとつ町のプペル』を原作にした歌舞伎の脚本を書くことが発表されました。

約半年後というスピード感で、歌舞伎上演の情報解禁になったのです。
ミュージカルや絵本の制作、アパートにホテルに町づくり、映画の復活上映やサーカスのイベントまでやっている最中です。
その中で、歌舞伎のことを勉強して脚本や演出の構想をねって作業を続けるって、尋常じゃない努力をしなくちゃできません。

「300年続くエンタメの世界を築く」という目標は決して嘘ではないんだと、あらためて思い知りました。

今回の歌舞伎制作も世界展開すると聞いて、もうワクワクしかありませんでした!
公開がメチャクチャ楽しみです。

 

▼オンライサロンで「歌舞伎」に関しての記事をまとめて見ました。

2021年3月11日 歌舞伎の脚本を書くことを発表
2021年3月12日 ・江戸時代の「天明の大飢饉」を物語の舞台にすると公表。
・ラフ画を紹介
2021年3月17日 ・歌舞伎の仮タイトルを紹介。
・西野さんが脚本の朗読音声を公開
2021年4月14日 ・『新作制作の進行状況と、それにまつわる想い』を共有
2021年9月29日 ・『舞台上に船を作る』の巻
2021年10月1日 ・新作歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のタイトル発表。
・チームで世界を狙う
2021年10月5日 ・サロンメンバーの皆で歌舞伎を学ぶ
2021年10月7日 ・『制作委員会』という仕組みの共有と、これからの課題
2021年10月8日 ・歌舞伎のビジネスモデルの見直し方
2021年10月12日 ・ミュージカルや歌舞伎の『えんとつ町のプペル』のラストシーンに出てくる船を、どう飛ばすか
2021年10月13日 ・ミュージカル&歌舞伎のクリエイティブについて
西野亮廣エンタメ研究所 ▼オンライサロンの入会はこちら!
https://salon.jp/nishino

上演劇場はどこ?

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』は、東京・新橋演舞場にて上演予定です。

新橋演舞場の新築開場は1925年4月でした。京都や大阪には立派な演舞場や歌舞練場があるのに、東京に演舞場がないことを残念に思った川村徳太郎氏(新橋花柳界の重鎮で、置屋森川家主人)の発案で、新橋演舞場株式会社を設立したそうです。

場所は都営大江戸線の築地市場駅の徒歩3分の立地にあります。

住所 〒104-0061
東京都中央区銀座6-18-2
TEL 03-3541-2600
アクセス ◯ 東京メトロ日比谷線・都営浅草線 東銀座駅[6出口]徒歩5分
◯ 都営大江戸線 築地市場駅[A3出口]徒歩3分
◯ 都バス[築地]下車徒歩3分
都03(四谷駅-晴海埠頭)・都04(豊海水産埠頭-東京駅南口)
都05(晴海埠頭-東京駅南口)・業10(新橋-業平端駅前)
◯ 首都高速 [銀座出口]
駐車場 タイムズ東劇ビル
・値段:300円/30分(7:00~24:00)、100円/60分(0:00~7:00)、最大料金(14時間毎) 2,700円
・TEL:03-3542-7983
※晴海通り、銀座方面からの右折はできません。
松竹スクエアパーキング(銀座松竹スクエア)
・値段:300円/30分、最大料金(12時間毎) 2,300円
・TEL:03-6226-5921
♢駐車場は新橋演舞場ご観劇のお客様は1時間分無料でご利用いただけます。 駐車券を劇場1階受付にお持ちください。

チケットの値段や購入方法は?

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のチケットは、歌舞伎公式総合サイト「▶歌舞伎美人」より、2021年11月25日(木)から販売予定です。

料金(税込) SS席30,000円
S1席(2階最前列)20,000円
S席14,000円
A席11,000円
B席6,000円
C席3,000円
座席表 新橋演舞場の座席表:拡大
購入方法 【パソコン・スマートフォン】
チケットWeb松竹(24時間受付)
・パソコン、スマートフォンより24時間受付。販売初日は10:00~
・チケットWeb松竹についてのお問い合わせ▶03-3545-2200(10:00~17:00)
・▶携帯版サイトは松竹歌舞伎会会員の方のみのご利用となります
【電話購入】チケットホン松竹(10:00-17:00)
○ナビダイヤル:▶0570-000-489
・このナビダイヤルは、通話料が発生します。
・各電話会社の通話料割引サービスは適用されません。
・携帯電話、PHS各社料金プランの無料通話分適用外となります。
・東日本からの発信の場合は東京着信、西日本からの発信の場合は大阪着信します。
○その他
・東京:▶03-6745-0888
・大阪:▶06-6530-0333
※窓口販売・お引取りは、11月27日(土)10:00~
※窓口販売用別枠でのお取置きはございません。
※チケットホン松竹では当日券はご予約いただけません。
先行予約 「▶松竹歌舞伎会」へ入会(年会費:3300円)すると、先行販売チケットがある場合にいち早くチケットが購入できます。

出演者(キャスト)を紹介!

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』の出演者を紹介します。
・プペル役&父親の熊八役:市川海老蔵
・玄役(絵本ではルビッチ):市川ぼたん堀越勸玄が交互出演

市川海老蔵(本名:堀越孝俊)
生年月日:1977年12月6日(43歳)
2004年6月に十一代目「市川海老蔵」を襲名。屋号は成田屋、定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。
市川ぼたん(本名:堀越麗禾)
生年月日:2011年7月25日(10歳)
ぼたんさんは2019年8月に日本舞踊の名跡の一つである「市川ぼたん」を襲名し、日本舞踊家として舞台に立ってきました。
堀越勸玄
生年月日:2013年3月22日(8歳)
勸玄くんは3歳のときに「吉例顔見世大歌舞伎 十一世市川團十郎五十年祭」にて歌舞伎座にて初お目見えを行いました。八代目市川新之助を襲名予定。

プペルを海老蔵が演じ、少年役で市川ぼたん(10)と堀越勸玄(8)が交互に出演。さらに海老蔵は物語の鍵を握る少年の父親役も務め、劇中でも現実と同じ親子関係で共演する。
映画を見て感動したという海老蔵は「西野さんとはご縁があり、『現代の世では難しくなりつつある、信念と共に諦めない想いを歌舞伎として描きたい』と熱望させて頂きました」と説明。親子共演には「親としては大役に心配ではありますが、今この瞬間の二人にしか描けない表現もあるかと思いますので、公演に向けての稽古に励んでいってほしい」と期待を込めた。
西野も「海老蔵さんから今回の企画の相談をいただいた時に『これ以上の適役はない』と思いました。主人公達の物語と、海老蔵親子が背負った物語は、あまりにも重なる部分が多すぎて、脚本を書きながら、ウッカリ涙しました」とコメント。ともにマルチな才能を発揮する2人が、強力タッグで新たな歌舞伎の魅力を発信する。

引用:▶ヤフーニュース「海老蔵 西野亮廣と初タッグ 来年1月「プペル」歌舞伎化」

 

▼歌舞伎俳優の市川海老蔵、長女の市川ぼたん、長男の堀越勸玄が、新橋演舞場1月公演「初春海老蔵歌舞伎」の記者懇親会に出席しました。

 

包み隠さず言うと、海老蔵さんから話をいただいた時に、まず最初に、海老蔵さんファミリーが背負った物語が頭をよぎりました。
『えんとつ町のプペル』は「親子の物語」で、それが海老蔵さんファミリーと、あまりにも重なったんですね。
海老蔵さんがゴミ人間(護美人間)を演じて、勸玄君がその子供を演じると、お客さんは、その向こう側にある海老蔵さんファミリーのことも見てしまうんじゃないかなぁ?と思ったのですが、それもひっくるめて「面白い」と思っちゃったんです。
あと、海老蔵さんの方から、今回の舞台の主役候補の一人として長女の「麗禾ちゃん」の名前が出てきて、それも「面白い」と思いました。
歌舞伎は、女性がなかなか立てない場所で、彼女が「市川ぼたん」として、そこに立つその“姿勢”こそが歌舞伎だなぁと思うし、その姿勢が『えんとつ町のプペル』の主人公と重なったんですね。

引用:▶西野亮廣:公式ブログ「市川海老蔵さんとの報道について」

天明の大飢饉とえんとつ町の理念の関係が凄い!

「▶stand.fm|キングコング西野の裏ラジオ 」で「天明の大飢饉」と「えんとつ町」との理念関係を解説してくれました。
西野さんは脚本制作するにあたって、江戸時や歌舞伎の勉強をトコトンしていて、本当に凄いです!
勉強されたからこそ、心に響くストーリーが書けるんだとあらためて感動しました。

日本が一番「えんとつ町」になった時代が、「天明の大飢饉」ではないかと西野さんは語ります。
大飢饉となり人の生活がどうなるのか?
人は追い込まれると、人減らしをしたり人肉を食べたりした人がいたそうです。
江戸時代の東北地方で起こった大飢饉で、30万人の人が亡くなりました。
どれほどの人が絶望しながら生活をしていたのでしょうか。

飢饉にそなえておくべき米をお金にかえてしまったものを売ってしまった人がいました。
歌舞伎の「天明の護美人間」では、この辺の人たちを悪役(幕府・役人)にしました。
飢饉に備えなかった役人たちのシステムに、不審に思って声を上げて立ち上がったのが、主人公の熊八と玄だったのです。

▼スタンドFM|西野亮廣の裏ラジオの「歴史から学ぶこと」で、11分35秒ころより「天明の大飢饉」の背景を解説してくれています。

歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』のまとめ

今回は歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』の
・上演日や劇場はどこ?
・チケットの値段や購入方法は?
・凄い出演者を紹介!
この内容について、紹介しました。

えんとつ町のプペルが歌舞伎として、どう演出されるかとても楽しみです!

市川海老蔵さんの親子共演が物語の背景と重なることで、素敵な物語になるはずです。

2022年1月は、ぜひ新橋演舞場へ歌舞伎『プペル ~天明の護美人間~』を観に行きましょう!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【イベント概要】
場所 新橋演舞場
日程 2022年1月~
チケット 歌舞伎公式総合サイト「▶歌舞伎美人」より、2021年11月25日(木)から販売予定
・SS席30,000円
・S1席(2階最前列)20,000円
・S席14,000円
・A席11,000円
・B席6,000円
・C席3,000円
出演者 ・プペル役&父親の熊八役:市川海老蔵
・玄役(絵本ではルビッチ):市川ぼたんと堀越勸玄が交互出演

西野亮廣エンタメ研究所

西野亮廣さんのオンラインサロンはこちら>>>西野亮廣エンタメ研究所
・映画えんとつ町のプペルの裏側(メイキング)
・マーケティング
などがたくさんの事が学べます!:月額980円(税込み)

西野亮廣さんの絵本購入はこちらから!
Dr.インクの星空キネマ
楽天で購入
2750円
Amazonで購入
2750円
サイン本屋さん
3000円
オルゴールワールド
楽天で購入
1760円
Amazonで購入
1760円
サイン本屋さん
2100円
Zip&Candy
楽天で購入
1650円
Amazonで購入
1650円
サイン本屋さん
2000円
えんとつ町のプペル
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円
ほんやのポンチョ
楽天で購入
1650円
Amazonで購入
1650円
サイン本屋さん
2000円
チックタック約束の時計台
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円
みにくいマルコ
楽天で購入
2200円
Amazonで購入
2200円
サイン本屋さん
2500円

※リンク切れがないように検索画面へリンクされるようになっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です